「マゾぎわ族」

IMG_2442

「オレはマゾの一歩手前の『マゾぎわ族』だよ」

これはタモリが言った言葉だそうです。

ゆるさの中に何かジワジワくるタモさん感溢れる名言(笑)
考えさせられました✨

なぜか興味をそそられてしまう

香りや脚…など

深きフェチ部分。

身体の自由はない

拘束や、

首輪をつけたりや羞恥や

スパンキングなど

受難的に見える「M」に抵抗がある。

 

 

迷える淫欲な子羊感とMじゃないノーマルだという思いとの間の

綱渡り状態⁉︎

もし迷える子羊(笑)が

Mの部分に1歩脚を踏み入れたら?

欲望とお姉様にリードされるがまま

踏み入れてしまった時

身体の反応が答えかもしれないけど
意思と反してる場合には

きっと言い分もありますよね(^ ^)

どんな思いが交差してるのでしょうか?

男性が興味をそそられてしまうフェチ部分って、例えば脚フェチなら脚の奴隷みたいに思う。

気になって仕方ないなんて😊

 

そう、香りやヒールの音は

欲望をかきたてる鞭のようなものという言われもあるようです❣️

受難的に見えてたものが

禁欲的に思えた時ってマゾの始まりなのかもしれません。

 

あなたはマゾぎわ族?
それとも元マゾぎわ族⁉︎

 

 

東京 渋谷 M性感ccccats りさ