女装JK(女子高生)


【学園系女装】

女子高生にどんなイメージがありますか?

大人になった人からするとJK(女子高生)といえば、特別な存在ではないでしょうか。
あなたが描くJKのイメージとはどんなもの?

学校の帰りに

原宿や新宿でクレープやアイスを食べているだけ?

それとも、部活や勉強に青春を燃やす姿?

ホントにそうかしら?

ミニスカートからのぞくスベスベのフトモモ、発育途中の胸のふくらみ、若々しいお尻の締まり具合……

そう、性の対象だよね?

ノアとリサの前で可愛らしいJK姿で非日常体験をしてみませんか?

女子高生姿になってM願望を叶えていきましょう。

ギャル系JKなら、メイクをバッチリ仕上げていくわ。

清楚系なら、ナチュラルに。

いやらしく憧れる女子高生姿になれば、いつもと違う被虐性や羞恥性を感じる。

放課後……
教室で女教師2人の前でモジモジとどうしたのかしら?

感じたことのない、ミニスカートの涼しさに違和感、ドキドキを感じながら、
「何で残されたのか分かっているの?」
最初は優しめの口調から、
「これで何回目?」
と段々と強い口調で熱血指導。

モジモジするだけしかできない仕草に痺れを切らした先生から、
シャツのボタンを外されて、敏感な部分を責められる。

女教師による女子高生責めの当事者になったアナタは不思議な感覚の中、
いつも以上の興奮を味わうの。

徐々にほどかれていく制服……

はだけた制服姿のまま、

ヒールや素足で顔やプライベートゾーンを踏まれる被虐性。
女子高生が女教師の足と脚でいたぶられる非日常空間……

四つん這いでスカートを捲られて、お尻を丸出しにされて、一番見られたくない恥ずかしい筋目を直視される羞恥心。

性を完全シャットアウトした空間とのギャップで生まれる倒錯性。

言葉責め、焦らし、顔面騎乗……。

女の子にふさわしくない大きなマロンが見つかってしまい、寸止め地獄で苦しめられる快楽。

もう後戻りできない「扉」を開いてみませんか。

パンティストッキングフェチシズム

パンストフェチとゴミ箱 伝線ストッキング収集家の話し

足フェチ、脚フェチとはまた違った

「パンティストッキングフェティシズム」はフェチの中でも少なくないようです。

そんなパンストやストッキング、タイツなど女性の履物フェチは、駅、病院、コンビニなどの女子トイレ、男女兼用トイレのゴミ箱から捨てられた伝線パンストを収集しているのだとか。スレンダーな若妻がいい、ぽっちゃり、熟女などさらにフェチは細分化されるようです。臭い、酸っぱさが残るパンストを集めていた収集家から話しを伺いました。

※推奨するものではありません。絶対に真似をしないでください。

【考察】パンストフェチと魅力とは

アダルト、エロ界隈ではパンスト物は立派な企画として成立しているようです。

パンストにこだわり抜いた性的嗜好作品は安定した本数が売れるそうです。

パンストの魅力や特徴は、

・独特な光沢性

・素肌とは違う、ナイロン特有の感触

・用途によって異なる形状

・デニール数で変わる透明感

・レッグラインの形成

・無機性

・脚線美へのイメージ

などでしょうか。

パンストを履いている女子高生、OL、主婦などを見て興奮するだけでなく、自分で履くことや、履いていたあとのお古のパンスト自体にアジテーションするようです。

また、パンストを履いたまま股間部だけ穴を開け、性交をする「パンストセックス」愛好者がいる一方、破るのはダメだと考えている層もいるなど、他のフェチと同様に細分化されています。

伝線パンストをゴミ箱から収集する愛好家

病院、駅、コンビニなどの女子トイレのゴミ箱は「宝箱」だと言います。

「今日は紺パンティに黒パンストをゲットした、メーカーはTBCだ」

「地方だと男女兼用トイレがないので、集めるのが難しい。うらやましいな」

こんなことをパンストフェチ同士でネットを通じて会話しているそうだ。

話しをしてくださったP氏は続けてこう言います。

使用済みのパンストだからこそ良い。臭さ、酸っぱさ、温もりを感じる脱いだパンストは大枚をはたいてもいい。男女兼用トイレだと効率が悪く、コンビニでずっと立ち読みしている奴は怪しいと思われるので、女性の友人に女子トイレのゴミ箱の中身をそのまま持ってきてもらうと言います。

鼻紙、口紅の付いたティッシュ、ガム、生理用品、靴下、伝線したパンスト、汚れたパンティなどが入っているそうだ。

匂いは臭ければ臭いほど興奮する。

おしっこなど汚物が付いたパンストなら、ゴールドより価値があると力説します。

拾ったパッケージに入ったパンストを出すさいは、子どものころのクリスマスプレゼントを開けるときのようなトキメキだと話します。

臭いがなければ、残念だがそれでも嬉しい。足垢が残っている発狂するほど臭いパンストは、私の自慢のコレクション。

そして、私は足裏部分から一気にいくタイプ。

ビールジョッキに拾ったパンストを入れると、ビールが上手い。ペニスをしごきながら、ビールを飲み干すそうだ。

フェチ仲間には、

ゴミ箱から拾ってきたパンティとストッキングを履き、オナニーをするのが最高に興奮する猛者もいるとのこと。

また、その友人は病院のパンストの白さがいいが、消毒液の臭いがするのでフェチ心をくすぐらないそうだ。

ネット通販で使用済みを集める

誰でも出品できるネットオークションでも女性の使用済みが手に入るそうだ。

規約上、洗濯済みになっているが分かる出品者は臭いを残してくれていると言います。

それでも、時間の経過とともに臭いが落ちてくるので、ゴミ箱で拾ったアイテムより格段に価値が下がるとか。

例えば、朝拾ったパンストを夕方、家で嗅ぐと臭いがマイルドになっていると嘆きます。

パンストフェチにとっては、女性が履いていた感触がどれだけ残っているのか重要なようだ。

それでも、ときにはフェチに理解のある女性と触れ合いたいと思うのだとか。

M性感ではフェチへのこだわり追求に妥協しません。

ご希望のパンストを履いた、意地悪なお姉さまに願望をぶつけてみませんか。

安西りさ

りさプロフィール

M性感の内容

1F928E7F-C32F-4A9F-89A4-ECA513AA846A

 

変態でMな気持ち、そして女性から

責められたい気持ちは

その時によって

様々なカタチがおありと思います。

M性感がしたいけど

どんなことをして責められたいか、

組み合わせてみたいプレイ

これはいいけど

これは違うなど..

参考にしていただけたらと思います❤︎

●●されちゃう自分を妄想膨らみ

来店される前に街中や会社や電車で

悶々なる時と

りさと過ごすM時間が

変態でこだわり深いM男くんの

性なるひと時が奥深き時

となりましたら

幸いです。

M性感の内容

M性感の内容 改訂版

 

パウダーマッサージ…オイルではなく、専用の超サラサラパウダーを使った全身マッサージです。パウダーマッサージの特徴は、強くグイグイと体を押すのではなく、「フェザータッチ」を使った手技にあります。触れるか触れないかのタッチが性感を高め、肌を敏感にします。普段感じることがないような、細やかな指の動きをキャッチし、全身を焦らされると局部に触れなくても先走り汁を垂れ流す人もいらっしゃいます。専用のパウダーはシャワーで簡単に洗い流すことができるので安心。全身がゾクゾクとする性感に絞ったプレイ。

言葉責め…S女性(お姉様・先生・医師・看護師など)がM男に対して、侮辱、卑猥、屈辱的、口汚いセリフを浴びせ責めるプレイです。ただ単にきつい言葉を浴びせるのではなく、状況やM男に合わせた的確なセリフ選びが重要です。テンポよく痴女的な言葉をMに浴びせて、考える隙を与えません。言葉責めは、顔面騎乗、顔面足踏み、羞恥プレイなどとコンボで使うことで、より倒錯の世界に入り込むことができます。罵倒が希望のM男性には、存在や人格までも否定することで絶望の世界に叩き落とします。M男向けのアダルト作品に必ずといっていいほど出てくるポピュラーなプレイです。

顔面騎乗…よく顔騎(がんき)と呼ばれるプレイです。顔面騎乗の顔面は、M男の顔を指します。S女性が着衣のままM男の顔にまたがって座ることが一般的です。S女性のお尻や性器などを顔面に押し付けることで、M男は呼吸がままならない状態になります。必死で吸う呼気の中に、女性の性器やお尻のニオイが性的な刺激を与えます。視覚が遮断されたことで、ほかの感覚が研ぎ澄まされ、より刺激に敏感になることができます。要望があれば、パンスト着用での顔面騎乗に対応しています。また、顔面騎乗のテーマは「圧迫とニオイ」ですが、同時に乳首責めを行うことで、普段よりも快楽を感じることができます。

フェチプレイ…フェチプレイの「フェチ」とは、「フェティシズム(fetishism)」の略語です。M性感で言う「フェティシズム」とは、体の一部に「性的に引き寄せられる」、「性的な魅力を感じる」など性的倒錯を指します。突き詰めれば、かなり深い世界の言葉です。パンスト、ブーツ、ハイヒール、足指、脚などを強調したプレイが行なえます。ハイヒールで顔を踏む、パンストで足コキなど。ほかにも、女装やフェテッシュなプレイで非日常の世界を体験していただけます。「ナースがパンストのままで……」など日常生活で押さえ込んでいる欲望、願望をさらけ出してもらいます。100人いれば、100通りのプレイがあると言われるほど奥の深い世界です。入念な打ち合わせで、M男性のフェチを実現します。

ブログ記事 「足フェチ、脚フェチのためのM性感」

フォトギャラリー

焦らし…焦(じ)らしプレイとは、勃起したものを触るのか、触らないのか、イカせるのか、イカせないのか。そんな寸前を何度もじらすことでより達成したときの快楽を高めるものです。乳首や耳を触ってほしくて、突き出して待っているのに指が近付くだけで、なかなかS女性から触ってもらえない。やっと触ってもらったとき、より感度が高まります。勃起した男性自身をやっと触ってもらえたときの喜びもなおさらです。そして、イク寸前でパッと手を離され、落ち着いたら手コキ責めの繰り返し。鳴いて懇願しても射精を焦らされます。やっとの思いでの射精の快楽は味わったものにしか分かりません。アナル責めなどほかのプレイにも応用されます。

寸止め…焦らしプレイの代表格といえば、寸止め地獄でしょう。先走り汁を垂らす男性自身は絶頂を迎えたくて仕方がありません。しかし、イク寸前でS女性の手コキ責めはピタっと止まります。そしてまた、手コキでイク寸前に動きを止められてしまいます。いきたくても、簡単にはいかせてはもらえません。言葉責めが加わり、ペニスの勃起はいつも以上にギンギンになります。寸止めを繰り返せば、勃起は限界を超え痛いほどにそそり立ちます。悶絶しながら、鳴いて射精のお願いをすることになるでしょう。許しをいただければ、射精天国が待っています。S女性の生殺しテクニックを味わってみませんか。病みつき続出です。

アナル…M性感のアナルと言えば、M男性が四つん這い、まんぐり返しなどのアナルを剥き出しにする姿勢で、S女性に尻穴を責められるプレイです。ローションでけつまんこを十分にほぐし、指やアナルバイブ、ペニスバンド(ぺニバン)などで、アナルをおもちゃにされ続けます。アナル責めと同時に羞恥的や卑猥な恥ずかしい言葉責めも加わります。アナル責めは「開発」と呼ぶにふさわしいプレイだと言えます。開発次第で、陰茎に触れないで射精する「ところてん」、前立腺で絶頂を迎える「ドライオーガズム」を経験する人もいらっしゃいます。M男性のアナル熟練度に合わせたプレイを心掛けております。

アナルプレイ ブログ記事

羞恥…恥ずかしい、羞恥心を煽るプレイを総じて「羞恥プレイ」と呼んでいます。「恥ずかしい言葉を言わされる、言われる」、「恥ずかしい状況を実況させられる」、「生きていけないほどのみっともない姿を視姦される」などプレイの用途は多岐に渡ります。さまざまなプレイとの相性が良く、自分1人では味わうことができない魅力があります。幼少期の恥ずかしい体験が、そのまま羞恥プレイ好きになったケースが多いようです。鏡を使った羞恥、露出(※野外対応不可)、オナニー鑑賞など願望をさらけ出してください。羞恥心と精神的な快楽は紙一重です。クセになる人が多いプレイでもあります。

拘束…手枷や足枷など使ってM男性の動きの自由を奪うプレイです。恥ずかしい姿勢で拘束する、手だけ拘束、脚だけ、手足を拘束など状況によって使い分けます。M性感では緊縛とは違い、痛みがあるほど身動きが取れないようにはしません。羞恥心を煽ることもでき、M性感初心者にも取っ付きやすいプレイだと言えます。また、「男の潮吹き」を希望するために拘束で射精させることもあります。絶頂後の敏感過ぎるペニスの先は、拘束なしで耐えきれるものではないようです。そこで、手足を拘束します。いくら悶え苦しんでも射精後の強制しごきで、鳴きながら潮吹きを体感できます。あなたは耐えることができますか。

 

目隠し…エロスを感じる最大の五感と言えば、視覚を頼りにされることが多いでしょう。AV鑑賞のオナニー、街中でのパンチラなど。しかし、視覚を閉ざすことによって、聴覚、触覚、臭覚が鋭敏になります。普段、意識してこなかったような吐息や空気を伝わってくる声などが性を昂ぶらせます。目隠しをされてS女性からの性的なイタズラは想像以上に興奮を与えてくれます。目隠しをされて、ズボンを脱がされたらどんな気分になるでしょう。視覚以外の感覚が貪欲にエロスを感じ取ってくれます。最初は誰しも視覚を奪われたことによる恐怖心がありますが、奥底にある性の扉を開くカギにつながるプレイです。

女装…男性も可愛い女の子の衣装を着たい、本格的なメイクをしたい、ストッキングを履いてペニスバンドでアナルを犯されたい……そんな願望はありませんか。異性愛者でも、否定できない願望ではないでしょうか。女の子になるためのメイク、下着などのご準備が可能です。手ぶらで女装M子ちゃんになることができます。いつも想像する「おかず」に自分を登場させてみませんか。S女性にアナルを犯されるM女性のレズ物などリアルで再現してみませんか。Mプレイの中でもハードルが高いようですが、いざ女装してみると意外にも物語に入り込めます。本当は女の子として責められたい……禁断の世界で叶えましょう。

のあ&りさ3P企画!女装デビュー&応援コーディネートコース

プチ異性装…異性装(いせいそう)とは、女性が男装、男性が女装など社会的な性役割に属さない服装をすることです。異性装をする人のことを「トランスヴェスタイト」と呼びます。江戸時代から異性装で演じる歌舞伎の女形など親しまれてきた土壌が日本にはあります。男女の境界線を行き来することができる異性装ですが、日常生活ではカミングアウトできない人が多いようです。M性感では、本当に女の子として女性に責められたいとい願望を満たします。メイクアップ、ランジェリー、ウイッグ、お洋服で完全に女子になってもらいます。女の子としての所作、仕草も取り入れて、可愛くなってもらいます。衣装は、学生服、OL、ナース、ゆるふわ系、ヒロイン系、シャイニーなどからお選びいただけます。

 

 

罵り…罵り(ののしり)プレイとは、言葉責めに近いですが、さらに強い口調で罵倒することです。言葉責めのような多少なりとも、逃げ道がある、卑猥な問いかけであるなどではありません。厳しい言葉で徹底的に罵ります。激しい罵倒は、心を切り刻みます。「変態」、「クズ」、「雄豚」……。泣こうが、甘えや逃げ道は一切ありません。拘束されて罵倒が飛び交う中、「男の潮吹き」、ブタ扱いをされてバックで「ペニスバンドのガン突き」……。人格否定をされながらでも、勃起するどうしようもないクソチンポをどうしましょうか。

 

お仕置き…イタズラ、おいたなど悪いことをしたときは、お仕置きをします。ビンタ、スパンキング、性的な責めなど種類はいろいろです。痛み、羞恥心、無視、正座、こちょぶり、アナルに何かを出し入れするなどM男の五感を一方的に刺激して反省してもらいます。いつも勝手なことばかり、「お姉さんはダメって何度もいいましたよね?」、「悪い子したら、お仕置きっていいましたよね」。お仕置きは二通りあります。小さい子どもを叱るようなガチお仕置き、性的な罰を与える大人のお仕置き。好みが大きく分かれるお仕置きは、M男性の希望に沿った形で進行していきます。一番、反省できるおしおきは何ですか。

ブログ記事「スパンキングはかく語りき」

スパンキング…スパンキングとは、「お尻ペンペン」のことです。ただ、お尻をぶつのではなくお仕置きとしてのお尻叩きです。膝の上、四つん這い、壁に手を付いてなどお仕置きの姿勢でお尻だけ丸出しです。ものさし、布団たたき、しゃもじ、ヘアブラシ、靴ベラなどスパンカーのお姉様が家庭的なお道具で、一から躾直します。ペンペンの数は、何回必要かな?少ない数の申告は、数を増やしましょうね。お尻が逃げたら、1から数え直しますよ。たっぷり、お尻ペンペンでお尻を真っ赤にしたあとは、コーナータイムです。壁に向かってお尻丸出しのまま反省しなさい。本格的なお仕置きとしてのスパンキングでしつけます。

 

ストーリープレイ…日常生活の願望を非日常世界で実現しませんか。OLと同僚、女教師と生徒、ナースと患者……。非日常空間では、M男性は何歳でも何にでもなれます。妄想、願望の世界の登場人物に自分がなって、性癖を解放してあげましょう。ストーリープレイで大事なことは、「役になりきる」、「恥ずかしがらない」ことです。そうすることで、倒錯の世界に入り込むことができます。もちろん、役だけ決めてあとはお任せでも、ストーリーの持ち込みにも対応可能です。幼少期の性の目覚めとなった出来事を再現してみませんか。

イメージプレイ【初めての◯◯シリーズ】

 

 

 

りさの出勤日は火、木、土曜日になります。

出勤時間、他曜日ご希望の際はお電話にて

お問い合わせくださいませ。

在籍店:渋谷M性感CCキャッツ

03-3462-5568

りさのブログはこちらからどうぞ。

 

安西りさ