お仕置きはお尻ペンペン!スパンキング女教師と遅刻してきた生徒


5592C4E2-6260-47A1-B6F3-13B7AC97A561.jpeg

お仕置きはお尻ペンペン!   スパンキング女教師と遅刻してきた生徒

東京渋谷M性感・私立道玄坂学園では、遅刻、赤点、服装違反、宿題忘れ、

教師への反抗……などの校則違反は全て

お尻叩きのお仕置きが厳格に行われます。

3年A組は私のクラス。

全学年のクラスの中でも一番厳しい、スパルタクラスと言われています。

その評判もあり、生徒は問題児ばかり。

今日も悪そうな生徒が遅刻してきました。

ハンドスパンキングだけでは終わりません。

厳しい道具を使ったスパンキング指導の開始です。

お仕置きは放課後のお仕置き室で

だるそうな感じの反抗的な生徒が遅刻してきました。

「あなた、また遅刻ね」

「何ですか、その反抗的な態度は」

クラス生徒の前でカッコつける生徒に近寄り……

「放課後、お仕置き室に来なさい」

この一言で、大抵の生徒は足腰が震えます。

生意気な生徒の震える顔に甘さは見せません。

お尻はお仕置きのムチを受けるために作られた場所

いくら体罰がモットーの当学園でも、

お尻ペンペンのお仕置きは人前では行いません。

女教師と生徒1対1で、お仕置き室で行われます。

生徒の間では、「尻ペン室」と呼ばれているように、体罰を行う場所は「お尻」だけ。

そう、スパンキングのみ。

ドイツでは双丘(※お尻のこと)は神が鞭打つためにお作りになられた場所と言われています。お仕置きのためなら、お尻はいくらでも鞭を打ってもいい場所と考えられているので、ドイツのSMのムチは超ハードなのかもしれませんね。

もちろん、

当学園のスパンキングはSMではありません。

校則違反というオイタをした

お仕置きとしてのスパンキングなのです。

お尻は安全で、恥ずかしい場所。

お仕置きに一番ふさわしい場所は世界共通ですよね。

放課後のお仕置き室は順番待ち。
Read More