パンティストッキングフェティシズム

パンストフェチとゴミ箱 伝線ストッキング収集家の話し

足フェチ、脚フェチとはまた違った

「パンティストッキングフェティシズム」はフェチの中でも少なくないようです。

そんなパンストやストッキング、タイツなど女性の履物フェチは、駅、病院、コンビニなどの女子トイレ、男女兼用トイレのゴミ箱から捨てられた伝線パンストを収集しているのだとか。スレンダーな若妻がいい、ぽっちゃり、熟女などさらにフェチは細分化されるようです。臭い、酸っぱさが残るパンストを集めていた収集家から話しを伺いました。

※推奨するものではありません。絶対に真似をしないでください。

【考察】パンストフェチと魅力とは

アダルト、エロ界隈ではパンスト物は立派な企画として成立しているようです。

パンストにこだわり抜いた性的嗜好作品は安定した本数が売れるそうです。

パンストの魅力や特徴は、

・独特な光沢性

・素肌とは違う、ナイロン特有の感触

・用途によって異なる形状

・デニール数で変わる透明感

・レッグラインの形成

・無機性

・脚線美へのイメージ

などでしょうか。

パンストを履いている女子高生、OL、主婦などを見て興奮するだけでなく、自分で履くことや、履いていたあとのお古のパンスト自体にアジテーションするようです。

また、パンストを履いたまま股間部だけ穴を開け、性交をする「パンストセックス」愛好者がいる一方、破るのはダメだと考えている層もいるなど、他のフェチと同様に細分化されています。

伝線パンストをゴミ箱から収集する愛好家

病院、駅、コンビニなどの女子トイレのゴミ箱は「宝箱」だと言います。

「今日は紺パンティに黒パンストをゲットした、メーカーはTBCだ」

「地方だと男女兼用トイレがないので、集めるのが難しい。うらやましいな」

こんなことをパンストフェチ同士でネットを通じて会話しているそうだ。

話しをしてくださったP氏は続けてこう言います。

使用済みのパンストだからこそ良い。臭さ、酸っぱさ、温もりを感じる脱いだパンストは大枚をはたいてもいい。男女兼用トイレだと効率が悪く、コンビニでずっと立ち読みしている奴は怪しいと思われるので、女性の友人に女子トイレのゴミ箱の中身をそのまま持ってきてもらうと言います。

鼻紙、口紅の付いたティッシュ、ガム、生理用品、靴下、伝線したパンスト、汚れたパンティなどが入っているそうだ。

匂いは臭ければ臭いほど興奮する。

おしっこなど汚物が付いたパンストなら、ゴールドより価値があると力説します。

拾ったパッケージに入ったパンストを出すさいは、子どものころのクリスマスプレゼントを開けるときのようなトキメキだと話します。

臭いがなければ、残念だがそれでも嬉しい。足垢が残っている発狂するほど臭いパンストは、私の自慢のコレクション。

そして、私は足裏部分から一気にいくタイプ。

ビールジョッキに拾ったパンストを入れると、ビールが上手い。ペニスをしごきながら、ビールを飲み干すそうだ。

フェチ仲間には、

ゴミ箱から拾ってきたパンティとストッキングを履き、オナニーをするのが最高に興奮する猛者もいるとのこと。

また、その友人は病院のパンストの白さがいいが、消毒液の臭いがするのでフェチ心をくすぐらないそうだ。

ネット通販で使用済みを集める

誰でも出品できるネットオークションでも女性の使用済みが手に入るそうだ。

規約上、洗濯済みになっているが分かる出品者は臭いを残してくれていると言います。

それでも、時間の経過とともに臭いが落ちてくるので、ゴミ箱で拾ったアイテムより格段に価値が下がるとか。

例えば、朝拾ったパンストを夕方、家で嗅ぐと臭いがマイルドになっていると嘆きます。

パンストフェチにとっては、女性が履いていた感触がどれだけ残っているのか重要なようだ。

それでも、ときにはフェチに理解のある女性と触れ合いたいと思うのだとか。

M性感ではフェチへのこだわり追求に妥協しません。

ご希望のパンストを履いた、意地悪なお姉さまに願望をぶつけてみませんか。

安西りさ

りさプロフィール

【福岡❷】伝統味の守り人

【福岡❷】伝統の味の守り人

前回

博多と言えば「とんこつラーメン」
福岡にきたからには、食べずにはいられない。
浜焼きでたらふく食べた後でしたが、いざ、ラーメン店へ

ごく普通の一般的な伝統の豚骨ラーメンを食べたいとのリクエストで、
【博多ラーメンしばらく 福重店】に。
食べログリンク

 

「博多のラーメンはこげんばい」といわんばかりのシンプルな店内。
芸能人や有名人のサインがあるわけでもなく、筆で素材のこだわりを書き記しているわけでもなく、店主さんもスタッフさんも普通な感じ。

お客さんたちはリラックス。会話を楽しみながら、和気あいあいと自由。

かた麺の一杯500円(税込み)がいよいよお出まし。

まずは、蓮華でスープを飲む。
臭みは気にならず、抜群の塩加減のとんこつスープに、

「うまーい!」と軽く叫んでしまいました。

はしたないだけど、いままでで食べた最高の味に夢中で圧倒いう間にペロリ。無料のサラサラのゴマをかけると、グッと味が締まります。

今どきのような、濃いとんこつではなく、ほどよい塩梅。このバランス!
それに、サッパリのチャーシューがお似合いすぎます。もうまじやばい!りさの中んlラーメンのイメージを覆すおいしさ!麺も何もかもが😍
おでん110円(1ケ)もあり、気楽な雰囲気の中、伝統の味に舌鼓。

これが、福岡の日常なのですね✨

「ごちそうさまでした」

続く……

IMG_7817